menu

手術

犬猫の腹腔鏡による不妊手術(卵巣切除術)

腹腔鏡下卵巣切除術 Laparoscopic Ovariectomy

腹腔鏡で映し出された卵巣

当院で腹腔鏡下での不妊手術(予防的卵巣切除)ができるようになりました。

腹腔鏡は、小さな傷(切開創)からスコープを入れてお腹の中(腹腔内)を見渡し、手術することができます。

腹腔内臓器を大きく鮮明に映し出すことができます。

最大のメリットは切開創が小さいため、

従来の開腹下手術よりも痛みを減らしてあげられること術後の傷の回復が早くなることが期待でき、

ワンちゃん、ネコちゃんの身体への負担が少ない手術です。

また、ハーモニックという超音波凝固切開装置(シーリングデバイス)によりスムースな血管の止血処理が可能です。

全身麻酔や手術が順調に終われば、多くは日帰りです。

ただし、稀ですが、卵巣奇形があったり、止血のコントロールが困難な場合は、

従来の開腹手術へ変更することも想定しなければいけません。

腹腔鏡は診断と治療に革命を起こす、動物に優しい医療です。

どのような不妊手術を受けるかを悩まれているかもしれませんが、

正しい選択ができるように、私たちがサポートさせていただければと思います。

10/1譲渡会に参加いただきありがとうございました🎃 次回は11/5予定です❗前のページ

パピークラスコース無事に終了しました👏次のページ

ピックアップ記事

  1. 12月5日13-15時 ふれあい譲渡会開催のお知らせ🎄
  2. 6月27日(日曜)ふれあい譲渡会開催します🌻
  3. 10/24ふれあい譲渡会開催のお知らせ🎃
  4. アニマルシェルター(随時里親募集中)
  5. 7月23日(日)13:00-16:00 ふれあい譲渡会 開催予定

関連記事

  1. 予防

    予防シーズンが始まります

    毎年5月~12月は犬糸状虫(フィラリア症)の予防の時期です。…

  2. 健康診断

    予防

    健康診断の大切さについて

     皆さん、愛犬、愛猫の健康診断はやっていますか?犬猫は1年で人間の約…

  3. 予防

    歯周病の予防をしましょう🦷

    歯石除去 スケーリング人と同じように、犬・猫たちも歯垢が付いて、そ…

  4. 予防

    身体検査の大切さ

    身体検査は、動物の診療において最も重要な検査と言われています。では、…

  5. 予防

    フィラリア予防はできていますか?

    フィラリア症(犬糸状虫症)は、蚊の媒介によりフィラリアという寄生虫が…

  6. 予防

    腹腔鏡下不妊手術(低侵襲)

    *手術中の写真が出ますので、苦手な方は画像を見ないようにしてください…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. お知らせ

    シェルターへ寄付していただきました😄
  2. お知らせ

    6月27日(日曜)ふれあい譲渡会開催します🌻
  3. ジン

    お知らせ

    12月5日13-15時 ふれあい譲渡会開催のお知らせ🎄
  4. 里親募集情報

    今日はクリスマスイヴですね🎄
  5. お知らせ

    シェルター犬たちへ毛布の寄付をいただきました🎁