menu

予防

腹腔鏡下不妊手術(低侵襲)

*手術中の写真が出ますので、苦手な方は画像を見ないようにしてください。

犬の不妊手術(卵巣子宮もしくは卵巣摘出術)は、乳腺腫瘍や子宮蓄膿症などの雌性ホルモンの影響で起こる病気の予防のために行う手術です。従来の方法では、お腹にメスを入れて切開する開腹手術が一般的でしたが、近年では人間の医療と同じように腹腔鏡による手術も獣医療で普及しつつあります。

腹腔鏡での手術の最大のメリットは、皮膚の切開創が小さいため低侵襲で体に負担が少ないことです。全身麻酔下で、お腹の皮膚に3か所の5-10mm程度の切開創をつくり、トロッカーという器械を装着してお腹の中に二酸化炭素ガスを入れて少し膨らませてから、腹腔鏡(カメラ)、鉗子、シーリングデバイスを挿入して、卵巣と子宮を摘出します。個体差もありますが、基本的に手術・麻酔が順調に終了すれば日帰り対応可能です。また術後の痛みも開腹手術に比べて軽減されます。ご興味ある方は、一度当院へお気軽にご相談ください。

卵巣動静脈をシーリングデバイスで切離している様子

クーパーです🤩前のページ

New Face🐕次のページ

ピックアップ記事

  1. アニマルシェルター(随時里親募集中)
  2. 10/24ふれあい譲渡会開催のお知らせ🎃
  3. 12月5日13-15時 ふれあい譲渡会開催のお知らせ🎄
  4. 6月27日(日曜)ふれあい譲渡会開催します🌻

関連記事

  1. 口腔ケア(歯石除去)

    予防

    口腔ケア(オーラルケア)を始めましょう

     “芸能人は歯が命”とよく言われていますが、犬猫も歯の健康状態が寿命…

  2. 予防

    ノミ・マダニ予防を始めましょう

    ノミ・マダニノミ・マダニ予防は犬猫たちにとって大事な日常ケアです。…

  3. 予防

    予防シーズンが始まります

    毎年5月~12月は犬糸状虫(フィラリア症)の予防の時期です。…

  4. お知らせ

    犬と楽しく暮らすための基礎講座

    12月14日(火)の14:00-16:00に町田市保健所中町庁舎1…

  5. 予防

    狂犬病予防接種

    狂犬病予防法という法律があります。この法律は、狂犬病の発生を予防し、…

  6. 予防

    身体検査の大切さ

    身体検査は、動物の診療において最も重要な検査と言われています。では、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ハロウィン

    お知らせ

    10/24ふれあい譲渡会開催のお知らせ🎃
  2. お知らせ

    シェルター犬たちへ毛布の寄付をいただきました🎁
  3. シェルター

    シェルター保護猫紹介~バニラ~
  4. シェルター

    ジンくんの初めての一時預かりボランティア
  5. ジン

    お知らせ

    12月5日13-15時 ふれあい譲渡会開催のお知らせ🎄